第二種電気工事士 平成27年下期 問19

問19

600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形1.6mmを使用した低圧屋内配線工事で,絶縁電線相互の終端接続部分の絶縁処理として,不適切なものは。ただし,ビニルテープはJISに定める厚さ約0.2mmの絶縁テープとする。
  1. リングスリーブ(E形)により接続し,接続部分をビニルテープで半幅以上重ねて3回(6層)巻いた。
  2. リングスリーブ(E形)により接続し,接続部分を黒色粘着性ポリエチレン絶縁テープ(厚さ約0.5mm)で半幅以上重ねて3回(6層)巻いた。
  3. リングスリーブ(E形)により接続し,接続部分を自己融着性絶縁テープ(厚さ約0.5mm)で半幅以上重ねて1回(2層)巻いた。
  4. 差込形コネクタにより接続し,接続部分をビニルテープで卷かなかった。

正解 

解説

絶縁電線相互の接続部分の絶縁処理は、①絶縁電線の絶縁物と同等以上の接続器を使用するか、②絶縁電線の絶縁物と同等以上の絶縁効力のあるもので十分に被覆することで行います。具体的には以下の方法があります。
  • 差込型コネクタによる接続
  • 接続部分に絶縁キャップを取付ける
  • 接続部分を絶縁テープで被覆する
絶縁電線の絶縁被覆の厚さは、電線の太さによって異なりますが、第二種電気工事士試験で問われるのは直径1.6㎜または2.0㎜なので、必要なテープの厚みは0.8mmで固定と考えればOKです。なお、半幅以上重ねて巻いた場合に1回で2層巻くことができるのは以下のイメージです。
正誤を考えるときは、差込型コネクタで接続しているか、絶縁被膜が0.8mm以上になっているものはOK、そうでないものはNGと判断します。ただし、自己融着性絶縁テープについては、既定の厚さ以上巻いた後、その上に保護テープを半幅以上重ねて1回巻くことになっているので注意が必要です。
  1. 適切。絶縁被膜の厚さは「0.2mm×6層=1.2㎜」になるので適切です。
  2. 適切。絶縁被膜の厚さは「0.5mm×6層=3.0㎜」になるので適切です。
  3. [不適切]。絶縁被膜の厚さは「0.5mm×2層=1.0㎜」と十分ですが、自己融着性絶縁テープで必要となる保護テープを巻く処理を行っていないので不適切です。
  4. 適切。差込型コネクタで接続すれば十分な絶縁効力が得られるので、ビニルテープを巻く必要はありません。
したがって不適切な記述は[ハ]です。