第二種電気工事士 令和5年下期[午前] 問36

問36

⑥で示す部分の接地工事の種類及びその接地抵抗の許容される最大値[W]の組合せとして,正しいものは。なお,漏電遮断器は,定格感度電流30mA,動作時間0.1秒以内のものを使用している。
  1. C種接地工事 10W
  2. C種接地工事 50W
  3. D種接地工事 100W
  4. D種接地工事 500W

正解 

解説

施設する接地工事と接地抵抗の最大値は、以下の表を暗記しておけば簡単に解くことができます。A種とB種は高圧向けで電工二種の範囲外なので省略しています。
⑥の部分の配線が接続されている分電盤を見ると、受電点に「1Φ3W 100/200V」と記載があるので、単相3線式100/200Vの回路ということがわかります。

分電盤には300V以下の電源しか入ってこないため、接地はD種接地工事となります。分電盤を見ると幹線に漏電遮断器[BE]が設置されているため、接地抵抗値は500[Ω]以下にするのが適切です。

したがって正しい組合せは[ニ]です。