第二種電気工事士 令和5年下期[午前] 問22

問22

D種接地工事を省略できないものは。ただし,電路には定格感度電流30mA,動作時間が0.1秒以下の電流動作型の漏電遮断器が取り付けられているものとする。
  1. 乾燥したコンクリートの床に施設する三相200V(対地電圧200V)誘導電動機の鉄台
  2. 乾燥した木製の床の上で取り扱うように施設する三相200V(対地電圧200V)空気圧縮機の金属製外箱部分
  3. 乾燥した場所に施設する単相3線式100/200V(対地電圧100V)配線の電線を収めた長さ7mの金属管
  4. 乾燥した場所に施設する三相200V(対地電圧200V)動力配線の電線を収めた長さ3mの金属管

正解 

解説

絶縁不良や漏電による感電や火災を防止するため、機械器具の金属製の台や外箱、金属管等には設置工事をするのが原則です。ただし、低圧の電気工事において次のケースではD種接地工事を省略することができます。電工二種試験の中でも覚えるのが大変な論点ですが、キーワードに着目して少しずつ覚えていきましょう。
機械器具の金属製の台や外箱
  1. 対地電圧150V以下の機械器具を乾燥した場所に設置する場合
  2. 機械器具を木製の床など絶縁性のものの上に施設する場合(コンクリートは絶縁性ではないのでNG)
  3. 2重絶縁の構造の機械器具を施設する場合
  4. 機械器具に電気を供給する電路の電源側に絶縁変圧器(2次側線間電圧が300V以下であって、容量が3kVA以下のもの)を施設し、かつ、当該絶縁変圧器の負荷側の電路を接地しない場合
  5. 機械器具に電気を供給する電路に、漏電遮断器(定格感度電流が15mA以下、動作時間が0.1秒以下の電流動作型のもの)を施設する場合(水気のある場所はNG)
金属管等
  1. 乾燥した場所に長さ4m以下の金属管を施設する場合
  2. 長さ4m以下の金属可とう電線管・金属線ぴを施設する場合
  3. 対地電圧150V以下、長さ8m以下の管や線ぴであって、①簡易接触防護措置を施すとき、または②乾燥した場所に施設するとき
上記の基準に当てはめると次のようになります。
  1. [正しい]。コンクリートは絶縁性ではないので、コンクリートの上に施設する鉄台には接地工事が必要です。
  2. 誤り。低圧の機械器具を木製の床(絶縁性のもの)の上に施設するため省略できます(2.)。
  3. 誤り。対地電圧150V以下+8m以下の金属管+乾燥した場所なので省略できます(7.)。
  4. 誤り。乾燥した場所+4m以下の金属管なので省略できます(6.)。
したがって正解は[イ]です。